厄除けが必要な年齢の正しい数え方は?どこですればいい?

厄年になると様々な災いが降りかかると言われています。
身体的なことや精神的な変化が起こりやすい年齢であるとも言われるので、あらかじめ厄除け・厄祓い(厄払い)を考えている方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2018年の厄年の年齢と数え方

厄年の年齢は、普段使っている「満年齢」で数えるのではなく「数え年」で数えます。

諸説あるのですが、「数え年」とは、新暦の1月1日に一つ歳をとるというのが一般的です。

生まれた時点で1歳、1月1日になると2歳と数えるのが「数え年」です。

では、2018年の今年は数えで何歳の方が厄年なのでしょう。
一覧にしてみました。

性別によっても厄年は違いますのでご注意ください。

2018年「厄年」年齢早見表

男性の場合

前厄 本厄 後厄
1995年(H.7年)
24歳
1994年(H.6年)
25歳
1993年(H.5年)
26歳
1978年(S.53年)
41歳
1977年(S.52年)
42歳
1976年(S.51年)
43歳
1959年(S.34年)
60歳
1958年(S.33年)
61歳
1957年(S.32年)
62歳

1977年(昭和52年)生まれの方(数えで42歳)は大厄になります。

「大厄」は厄年の中で一番重く、大きな災いがあるとされています。

女性の場合

前厄 本厄 後厄
2001年(H.13年)
18歳
2000年(H.12年)
19歳
1999年(H.11年)
20歳
1987年(S.62年)
32歳
1986年(S.61年)
33歳
1985年(S.60年)
34歳
1983年(S.58年)
36歳
1982年(S.57年)
37歳
1981年(S.56年)
38歳
1959年(S.34年)
60歳
1958年(S.33年)
61歳
1957年(S.32年)
62歳

1986年(昭和61年)生まれの方(数えで33歳)は大厄になります。

「大厄」は厄年の中で一番重く、大きな災いがあるとされています。

厄除けと厄払いに違いはあるの?

よく厄除けとか厄払い(厄祓い)と聞きますが、違いはあるのでしょうか。

こちらも諸説あるのですが簡単に言ってしまうと、

・「厄除け」とは、お寺で厄が付かないように除けてもらう

・「厄払い(厄祓い)」は神社で付いた厄を祓ってもらう

ということです。

現在ではそれほど意味合いにこだわっている傾向はなく、どちらでもよいとされています。

お住いの地域などによっては考え方が違っていたり、しきたりがあったりするかもしれませんので、前もってお近くのお寺や神社に問い合わせしてみるといいかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする