山形発祥の冷たいラーメンを冬でも食べられるお店

こんにちは、ラーメン大好きフロストです。
はい、そうなんです。今回はラーメンをご紹介したいと思います。
ちなみに山形県はラーメンの消費量が日本一だそうです。みんな大好きですよねぇ。
山形にあるラーメン屋さんは基本的にどこに入っても、「ハズレ」は滅多にありません。私は一度もありませんよ!
今回は、数あるおススメしたいラーメン屋さんの中でも「冷たいラーメン」発祥のお店をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

冬でもおいしい、冷たいラーメン発祥のお店「栄屋本店」

さて、そもそも「冷たいラーメン」をご存知ですか?冷やし中華ではありませんよ?(笑)
ラーメンといえば、熱い麺をふぅふぅしながら食べるのが一般的ですが、冷たいラーメンはその名の通り、普通のラーメンの冷たい版なんです。
見た目も湯気がでてないのを除けばほぼ一緒です。
最近は冷たいラーメンの全国的な認知度も上がってきているようなのでご存知の方もいらっしゃると思います。
その冷たいラーメンの発祥の地が山形県なんです!(ちなみに冷やし中華の発祥はお隣の宮城県だそうです。)
その中でも、「栄屋本店」さんが冷たいラーメンの発祥のお店なんです。

栄屋本店さんは、昭和7年に創業され冷たいラーメンは昭和20年代に開発されたそうです。
冷たいラーメンはメニュー的には「冷やしらーめん」が正式な名前ですね。
もちろん熱々の通常のラーメンも豊富なラインナップで揃っており、冷やしらーめんも種類が豊富です。
その種類豊富な中から、基本になっている「冷やしらーめん」をご紹介したいと思います。

冷やしラーメンは一見すると通常のラーメンと何ら変わりがありません。昔ながらの中華そばみたいで、なんか嬉しくなってきます。
大きめの器で来るので、大盛り気味かなぁ~と思うくらいなのですが、よ~く見ると氷が入ってることに気が付きます。
小ぶりな四角い氷が何個か入っています。
スープは鰹節、昆布、牛骨で出汁をとった醤油味で色が濃い目な気がしますが、飲んでみるとそれほど脂っこくはなくあっさり目になっています。
具材は、チャーシュー、ネギ、メンマ、もやし、きゅうり、かまぼこ、海苔と具だくさんです。
チャーシューはちょっと硬めですが噛むほどに味がでてきていい感じです。
麺自体は、ストレートの太麺です。もちもち食感の麺自体もおいしいですよ。

まとめ

今回ご紹介した栄屋本店さんは、山形市の中心街の七日町にあります。
お昼時などは近隣の会社の方や買い物客などで混み合う時もありますが、席数も多いのでそれほど待つことはないかと思われます。
暑い夏に冷たいラーメンはもちろんいいのですが、冬でも美味しくいただけますので是非召し上がっていただきたい一品です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする