噛むほどに香る、極太田舎そばがやみつきに!

こんにちは、フロストです。
今回は山形県内外で知名度抜群のおそば屋さんをご紹介したいと思います。
そのお店は「あらきそば」さんです。こちらのお店は江戸時代から建っているという古民家を改装したお店です。
田舎の山形でも、最近はあまり見かけなくなった茅葺き屋根がいい感じです。
そば好きの中では超有名店らしく、県外ナンバーの車がずらっと並んでいることも多々あります。
今回は「あらきそば」さんの「うす毛利」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

香るそばがたまらない!「うす毛利そば」

お店の中に入ると、そこは古民家そのままです。なんだかすごく落ち着きますよね。
で、こちらの「あらきそば」さんのおそばは十割いなかそばで、板そばになってきます。
うす毛利そばも木でできた器に、見た目ではさらっと盛られてくるので量が少なめな印象もありますが、
盛られてくる板が大きいのでそう見えるだけで、実際は十分に一人前あります。
そばの麺自体は、初めて見た人はびっくりするくらい極太に切られています。「割りばしくらいの太さがあった~(笑)」とよく聞きます。
そうなんです!そこがいいんです!
コシのある極太の十割そばをしっかりしっかり噛んでいくと、そばのいい香りがどんどん口の中にひろがります。
そば好きにはたまらない香りです。
つなぎを使っていない十割そばは、硬くてボソボソするからあまり好きではないという方もいらっしゃいますが、
そんな方にこそ是非召し上がっていただきたいですね。そばの香りを存分に感じていただきたいですね。
あごも鍛えられていいかも知れません(笑)。
つゆは濃い目な味付けになっていますが、おそばにつければ絶妙にマッチします。
私はこの濃いめのつゆに、そばつゆを入れて飲むのがめちゃめちゃ好きなんです(笑)。
食後のほっとするひと時って感じですね。

できればこれも食べてほしい!「ニシンのみそ煮」

おそばだけだと途中で食べ飽きしてしまうという方もいらっしゃるでしょう。
そんな方にも、そうでない方にもおススメなのが、「ニシンのみそ煮」です。
こちらのニシンのみそ煮も見てびっくり。真っ黒な塊なんです(笑)
しかーし、食べてみるとこれが美味しいです。見た目ほど味は濃くはなく、ニシンの身もしっかりあります。
これが箸休め的な感じでおススメです。

まとめ

今回は村山市にある「あらきそば」さんをご紹介させていただきました。
昔ながら田舎の民家ということで、そこにいるだけで不思議と落ち着くんですよね。
休日は結構混みあっていて待ち時間も長くなったりすることもありますが、全然苦になりません。
安堵感にも似た雰囲気があるからかも知れません。
落ち着く空間でおそばの香りを楽しめるなんてサイコーだと思いませんか!
是非おススメしたいお店です。
ただ、冬になるとそこそこ雪深いところなのでお気をつけて!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする