山形の玄関口でお出迎え。平牧三元豚のサクサク衣のロースかつ膳

こんにちは、フロストです。

山形の数ある「うまいもん」の中から今回ご紹介するのは、平牧三元豚を使ったロースかつ善です。

やっぱり「ニク」ですよね!(笑)

牛肉や鶏肉などお肉にもいろいろありますが、個人的には豚肉が一番好きで、特にとんかつは毎日でも食べたいくらいです!

そして、そのとんかつの「うまいもん」が、山形の玄関口とも言えるJR山形駅と庄内空港で食べることができる【平田牧場三元豚 厚切りロースかつ善】なんです!

ぜひおススメしたいと思い、今回ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

そもそも、平牧三元豚って?

山形に住んでいる方には「ヒラボク」と言えば「平田牧場のことねっ!」とすぐにピンときます。山形県を代表する企業の一つです。

平田牧場さんは山形県の日本海側の酒田市にあります。その平田牧場さんで情熱と愛情を注ぎこまれ、育てられた豚ちゃんのことなんです。その豚ちゃんは3種類の品種を掛け合わせていて、その掛け合わせた3種類も他とは違う、こだわり抜いた品種だそうです。そうして育てられた豚ちゃんが【平牧三元豚】なんです!

以前、土曜日の夕方にやってる、某TV番組(宮〇大〇さん出演)でも紹介されていましたね。

サクっとした衣と脂の甘みがたまらない厚切りロースかつ善!

私が行くのは、JR山形駅内にある平牧直営のレストランなのですが、もちろんメニューは厚切りロースかつ善だけということはありません。

厚切りでない通常のロースかつやヒレカツ、メンチカツ、しょうが焼き、金華豚まであります。日本海でとれた海鮮系のメニューも揃っています。

ですが、私は何と言っても厚切りロースかつ善がイチオシです!

とんかつ系を注文すると、まずゴマが入ったすり鉢とすりこ木を渡されます。

とんかつが来るまで、ゴマをすりすりして待ちます。

ソースは2種類あって、甘口と辛みそ。私はいつも甘口ソースですね。両方試せるので、初めての方は両方試してみるのもいいかもしれませんね。

で、運ばれてきたとんかつをまず一切れお口に入れると、衣の触感にやられます。

見た目でも粗目にひいてあるであろうパン粉が、やさしくサクッとむかえてくれます。そしてお肉です!柔らかくスッと噛み切れてしまいます。柔らかいながらも、お肉の食感もしっかり感じられます。

お肉はお肉特有のくさみは全く無く、うま味たっぷりの脂身の甘さが肉汁と相まってお口の中にひろがります。(表現が下手ですみません(笑))

脂自体もしつこくないので、全体的にうまみがありながらも、あっさり食感で食べられます。もう何個でも何枚でもおかわりして食べれちゃいそうです。(笑)

三元豚のロースかつは、ご年配の方や女性の方にもサラッと召し上がっていただけると思いますよ。

立地的にも県外からいらした際にも立ち寄りやすいと思いますので、是非一度召し上がってみてはいかがでしょうか。

今回は、平牧三元豚厚切りロースかつ善をご紹介させていただきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする